社会保険労務士の仕事内容とは?

社会保険労務士の仕事はおよそ3通りあります。
仕事内容は、社会保険労務士法の第2条で定められているので、その条文の番号で仕事内容も分類されます。
まず、1号業務は労災保険や雇用保険、健康保険といった申し込み書類の作成、提出の代行業務となります。
次に、2号業務は賃金台帳や、労働者の名簿といった帳簿類の作成管理となります。
そして、3号業務は社員教育や社員の配置など労働に関する総合的なアドバイス業務となります。
1号業務と2号業務に関しては、社会保険労務士にしかできない業務となっていますから、企業というものが存在する限り、社会保険労務士のニーズが無くなることはありません。
社会保険労務士はやや難易度の高い資格ですが、就職を確実なものにしたい方にはおすすめの資格です。