カードローン契約前に確認!滞納を甘く見てはいけない!?

残念な事に、せっかくカードローンを組んだにも関わらず滞納してしまうといった人も少なくない現状です。
滞納は借入した本人の信頼を失うだけでなく延滞金を招く危険性があるので十分に注意しておく必要があります。
延滞金とは滞納に対するペナルティーの徴収金です。
多くの銀行や消費者金融では延滞金の率が高めに設定されています。
そのため多くの融資をしてもらった人が延滞金を徴収されると、ただただ無駄な出費をしてしまうだけとなります。
繰り返しますが滞納は何のメリットもありません。
仮に滞納をしてしまうと、次からの新しいローンで審査が通らないといったケースに陥ってしまうだけです。
それだけローンは信用問題に関わってくるので、一端ローンを組んだのであれば滞納の無いよう努める事が大切です。