クリエイティブ系求人状況

 クリエイティブ系の求人情報を探す際には、そもそもどのような経路で情報を入手している人が多いのでしょうか。クリエイティブ系としてより関連性が高いと思われる教育、学習支援業では、

1.新聞の求人広告・チラシ(51.0%)2.公共職業安定所(42.8%)3.就職情報誌・就職情報サイト(38.2%)となっています。

さらにサービス業の場合では、1.公共職業安定所(63.9%)2.就職情報誌・就職情報サイト(40.9%)3.新聞の求人広告・チラシ(38.1%)となっています。

これによると従業員数30~99人の企業では、1.公共職業安定所(65.7%)2.新聞の求人広告・チラシ(29.4)3.就職情報誌・就職情報サイト(23.0%)4.縁故(13.5%)5.自社独自のウェブサイト(8.4%)となっています。